読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Linux基本操作

pwd :カレントディレクトリを表示

カレントディレクトリ:今自分が作業している場所のこと

pwd




ls(エルエス):ディレクトリ内を一覧表示

ls ファイル名



オプション

ディレクトリ内の各ファイルの詳細な情報を表示

ls -l ファイル名




○隠しファイル(ドットファイル)を表示

ls -a ファイル名




○隠しファイル(ドットファイル)の詳細な情報を表示

ls -la ファイル名
または
ls -al ファイル名





ディレクトリには「/(スラ)」をつけて出力する

ls -F ファイル名




cat:テキストファイルの内容を表示

cat ファイル名




オプション

○表示されるテキストに行番号をつける

cat -n ファイル名




less:テキストファイルを1ページごとに表示

less ファイル名

次のページを表示させるには「スペースキー」、
前のページに戻るには「w」を押す。



オプション

○lessコマンドで行番号を表示

less -N ファイル名




cd:ディレクトリを移動

cd ディレクトリ名


ユーザーのホームディレクトリに戻るには

cd



ディレクトリを表す記号
~ (チルダ):ユーザーのホームディレクト
. (ドット):カレントディレクト
.. (ドットドット):1つ上のディレクト




mkdir:ディレクトリを作成

mkdir ディレクトリ名




touch:空のファイルを作成

touch ファイル名



cp:ファイルをコピー

cp コピー元 コピー先



オプション

○情報(所有者、所有グループ、アクセス権、タイムスタンプ)を維持してコピー

cp -p コピー元 コピー先




mv:ファイル名、ディレクトリ名を変更、移動

ファイル名やディレクトリ名を変更

mv 変更前の名前 変更後の名前


ファイルやディレクトリを移動

mv 移動するファイル名やディレクトリ名 移動先




rm:ファイル、ディレクトリを削除する

rm ファイル名




rmdir:空のディレクトリを削除

rmdir ディレクトリ名



オプション
ディレクトリを再帰的に削除(空のディレクトリではない時)

rm -r ディレクトリ名




man:コマンドのマニュアルを表示

man コマンド名