読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3階層システム・ビジネスロジックとは

用語

3階層システム

3階層システムとは、クライアントサーバシステムをプレゼンテーション層・アプリケーション層・データ層 の3層に分割して構築したシステム。
クライアントおよびサーバの処理を複数の階層に分離して配置することで、ある階層へ変更を加える必要が生じた際にも柔軟に対応できるようなっている。

3階層システムでは、システム全体をプレゼンテーション層(ユーザインターフェース)・アプリケーション層(ビジネスロジック)・データ層(データベース)の3階層に分け、クライアント側にはユーザインターフェース部分のみを残し、あとはサーバ側に実装する。
クライアントはユーザからの操作を受け付け、アプリケーション層からの処理結果を表示することのみを行う。




クライアントサーバーシステム

クライアントサーバシステムとは、コンピュータをサーバとクライアントに分け、役割分担をして運用する仕組みのこと。
クライアントはサーバに対して「このデータを送ってほしい」という要求をし、それに対してサーバは要求されたデータを送る、といったことを行う。




ビジネスロジック

ビジネスロジックとは、業務ソフトウェアの中で、具体的な業務で扱う様々な実体(商品、顧客、在庫など)を表現し、また、それらの関係や処理の方法、業務の流れなどをプログラムコードとして実装した部分。
アプリケーション固有の処理やルールを記述したもの。

3階層システムでは、プレゼンテーション層(ユーザインターフェース層)とデータアクセス層(データベース層)の中間に位置し、ビジネスロジック層あるいはアプリケーション層と呼ばれる。