読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vagrantまとめ

Vagrant 用語

Vagrantとは

自分のパソコン上で開発用の仮想マシンを簡単に構築することが出来るソフトウェア。
VirtualBoxとの違いは、今までの複雑なコマンドをシンプルなコマンドに集約した点らしい。



Box

VagrantでのBoxとは、作成する仮想マシーンのベースとなるもののこと。



Vargrantで環境構築

1 VirtualBoxVagrantをインストール

参考:VagrantとVirtualBoxでローカル開発環境を構築する方法 | TechAcademyマガジン


2 Boxファイルのインストール

作業用のディレクトリで、Boxを取得

vagrant box add centos(←Boxの名前) package.box(←URL)


取得しているBoxを確認

vagrant box list



3 Vagrantの初期化・Vagrantfile作成

vagrant init centos



4 仮想マシーンを起動する

vagrant up



5 仮想マシーンにログイン

vagrant ssh



6 Vargrantfileを書き換え

Vagrantfileを書き換えるために、

vi Vagrantfile


似たようなところに以下2つを書き加える

config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 3001

config.vm.synced_folder "~/workspace/vagrant/01scout", "/var/www/html",type:'rsync', owner: 'vagrant', group: 'apache', mount_options: ['dmode=777', 'fmode=666']



7 再起動

vagrant reload



8 自動同期の設定

ホストマシンとゲストマシン間でのファイルの転送・同期するために、

vagrant rsync-auto

毎回このコマンドを打つ必要があるらしい。



Vagrant コマンド

仮想マシーンの初期化

vagrant init  bento/centos-6.7 (←名前)



仮想マシーン起動

vagrant up



仮想マシーンの状態確認

vagrant status



Vagtantユーザーとして起動した仮想マシーンにログイン

vagrant ssh



パッケージをアップデート(Vagrantに入ってる状態で)

sudo yum update