読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

git rebase・squash

Git

rebase

今までのコミットしてきたものの上にmasterのコミットをポンっと置くイメージ。
rebaseするときは一旦新たにブランチを切ってから行うべし。



squash

コミットを一つにまとめる


squashの流れ

コマンドでコミットのログを見る
git log --oneline

を叩くと、

nanako:gtest nanako$ git log --oneline
a0de58f last commit
1574f49 sample3
17a75e7 sample2
6b45ec9 sample1
791c07e first commit
sample1、sample2、sample3をcommit allとしてコミットをまとめるとすると、
git rebase -i 791c07e

を叩くと、下のものが出てくる。

pick 6b45ec9 sample1
pick 17a75e7 sample2
pick 1574f49 sample3
pick a0de58f last commit
sample2とsample3のpickの部分をsに変更して上書き保存。
コミットのメッセージが表示されるので、first commit's message isに描かれているsample1を消して、commit allと書いて上書き保存。
再度コミットのログを確認
git log --oneline
a0de58f last commit
84yeu43 commit all
791c07e first commit